肩の痛み 治療

肩の痛みでお困りのあなたへ

 

当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

このサイトでは、肩の痛みに関する情報をまとめていきます。

 

 

肩の痛みは複数の原因がある

 

まずはじめに、肩の痛みと一言で書いたとしても、
非常に多くの原因が関係しています。

 

筋肉に原因があるパターン、関節に原因があるパターン、
病気によって発生しているパターン、神経・血管の問題、
悪いライフスタイル、精神的ストレスや脳の構造の変化、
など数えきれないくらいの原因が存在します。

 

ほとんどの方は、一箇所の病院で治療を受けることが多いです。

 

特に整形外科を受診されるケースが多いですが、
整形外科の先生は、筋肉や関節など
「見た目」で変化がわかる怪我に対しては
しっかりとした治療を行ってくれる事が多いですが、

 

内科的疾患や神経・血管の問題、
ライフスタイルやストレス等に対しては、
ほとんどの場合、治療は行ってくれません。

 

というよりも、まったくの専門外になりますから、
そもそも整形外科の診察だけでは足りません。

 

関節や筋肉に原因が存在していれば
適切な治療を行ってくれると思いますが、
それ以外のものには、原因不明と言われる可能性があります。

 

もし痛みが継続的に出続けているようでしたら、
整形外科以外の病院を受診することも重要です。

 

 

原因の多くは筋肉・関節にある動きの制限

 

更に注意しなければならないのが、
肩の痛みの原因の多くは、
動きの制限によって及ぼされているということです。

 

病院では、検査機器に映った病気だったり、
レントゲン・MRI上に写った「見た目の変化」のある状態、
こうしたものに対しては、適切な治療を行ってくれます。

 

でも、多くの原因が、検査機器に映らない、
見た目には何も変化が行っていないものの、
動きの制限が発生している状態の変化です。

 

病名として特定の原因があるわけではなくて、
肩関節の動きの悪さが原因だったり、
筋肉の張りが強すぎることが原因だったりします。

 

このような、見た目の変化が起こらない状態、
怪我として診断できないような状態に対しては、
病院では、ほとんどの場合治療を行ってくれません。

 

「使いすぎ」「年齢のせい」「疲れのせい」
「ストレス」「気のせい」と言われることが多いです。

 

もしかしたら、上記のようなことを
言われたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

怪我としての状態ではありませんし、
病院側も診断名を付けなければならないので、
原因不明のものを、何かしらで診断する必要があります。

 

たとえ、病院側で原因不明であったとしても、
治療院サイドとしては、大きな原因が潜んでいます。

 

 

肩に負担を与えるのは背骨&周囲の筋肉

 

では、どのようなものが肩に負担を与えるかといえば、
ほとんどのケースで、背骨の動きの悪さが関係しています。

 

野球肩、五十肩、水泳肩、腱板炎など、
さまざまな肩の症状があるのですが、
そのほとんどが、背骨の動きが悪いことで発生します。

 

どれも、症状そのものは肩に出ていますが、
その根本原因は、背骨や周囲の筋肉に存在します。

 

 

肩をグルグル回す、横に動かす、前に腕を上げる、
これらの動きは、どう考えても肩で起きているとお考えでしょうが、
実際には、肩が動いているわけではないんですね。

 

正確には、背骨の胸椎と呼ばれる部分が最初に動き、
肩甲骨が動いて、肩甲骨周辺の筋肉が動いて、
最後に肩が上がるようになるんです。

 

背骨が一番最初に動き始めて、
そこから順番にステップを踏んで、
最終的に肩が動く仕組みになっています。

 

生活習慣の悪化(パソコン・勉強のやり過ぎなど)、
スポーツの影響(極端なスポーツのやり過ぎ、動きの不全)、
などが原因となって、背骨→肩に痛みが出る仕組みになっています。

 

つまり、肩の関節だけを治療していたとしても、
肩の周りの筋肉だけを改善していったとしても、
症状は長期的に残り続けてしまいます。

 

最初に改善するべきなのは、
背骨とその周囲の筋肉です。

 

 

ほとんどのサイトでは、肩に痛みが出ているなら肩に原因が、
腰に痛みが出ているなら、腰に原因が存在すると書かれていますが、
実際には、カラダはそんなに単純なものではないんですね。

 

機械が単純な構造で動いていないのと同じで、
パソコンやスマホが複雑に作られているのと同じで、
カラダも複雑に構成されています。

 

単純に症状が発生しているわけではなくて、
複雑な動きの不具合の中で症状が出てきます。

 

特に、スポーツによって発生してしまった方、
五十肩など原因不明と呼ばれている方は、
この傾向が圧倒的に多いです。

 

 

最後に

 

他にもいろいろな原因が考えられるのですが、
そうした細かい情報は、当サイトでまとめていきます。

 

かなり多くの原因が潜んでいますし、
治せるもの・治せないものがはっきりしていますが、
多くの症状は改善することができますよ。

 

病気によって発生してしまったもの、
見た目上に変化が起こっているものは、
適切な病院で改善させることができます。

 

もしそうでなければ、このサイトで情報を掴んでいただき、
適切な治療院での治療を受けたり、サプリメントや
セルフケアを行って症状を回復させていただきたいと思います。

 

 

しっかりと情報をまとめていきますので、
肩の痛みでお困りの方にとって、
有益な情報となることができれば幸いです。

肩の痛みでお困りの方へ